« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月の記事

エンターテインメント

エンターテインメントというかレジャーというか
その楽しみ方って、お金で解決しようとするときってつまらないと思う。

そのもの自体が楽しくないとかではなくて
自分の気の持ちようというか。

すごく簡単に言えば
風俗に恒常的にもしくは惰性で通うのって
その道に結果的に何か役立つものとして残る場合を別にして
楽しみ方としてはレベルの高いものではないと思う。

始めていくとか、目当ての子がいるとか
すごいサービスを求めていくならいいと思うんだけどね。

風俗の話になると説得力がなくなるけど

なんていえばいいのかあれだけど
俺はそこそこのお金を払えばできる
ある程度のレジャーはやってきたつもりでいて、
そんなことしたいときは
現状の自分にむしゃくしゃしてるときが多くて
そこからの解放も一過性のものすぎて
結局、自己嫌悪に陥ることが多い。

万が一、もっとお金が使える人生になったとしても
この部分ってぶれないと思う。

ベンツを買おうが、スイートに泊まろうが
結局、だから何だって言ってる自分だと思うし(自分が頑張ったことの形としてのものなら
一過性以上の満足はあると思うけど)。

じゃー結局何がエンターテインメントなのかというと
大事なのはガチンコや真剣であったりすることだと思う。
異論は大いに認める。

真剣さからくる、負けるかもしれない、損するかもしれない、
時間の無駄かもしれない
けど!!

報われたときが何よりもの興奮というんでしょうか。
あれに勝るものはない。

もし資格がとりたければ
資格の学校にお金を払って満足するんではなくて
資格試験に合格することが一番のレジャーではないのだろうか。
当然っていう人は多いけど、意外に低いレベルで満足してる人は多いよね。

just FUN!!って感覚って、女の子は大事にしてていいと思うけど
男はあまりそれを追い求めるのは良くないという持論、

おれは芸人になりたいから
客観性を高めるうえで巷で言うjust funといわれてるそれがどんなものかは
経験した方がいいと思うけどでもそれは
芸人として報われたいというガチンコからくる感覚であって
正確には個人的にはjust funではないし。

どうしたらできるだろう、って思いを巡らしドキドキして行動に移すこと
以上に楽しいレジャーは今の俺にはないと思う。

海外旅行や友達と休日にのみにいかなくたって
そこらじゅうに非日常を楽しみたいというエンターテイメントな
日常は転がっているんだなった筆者は考えるのさ。

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »