« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月の記事

つねにコンドームつけて日常生活をなんてことない顔して過ごしたい。

今日の記事は自慢的な表現が含まれてます。気分を害する可能性があるのでご了承を。

最近、アルバイト頑張ってます。どれくらい頑張ってるかというと、お金的に言ったら最近友達になった立川のキャバ嬢よりもらってます。


社会には出てないけど、なんだか厳しさもやりがいも感じています。自分が頑張ったってプロセスは大事だけど結果をだし他人に評価される大切さを学びました。

そしてお金について。金遣いは荒くはなってないけど、精神的に余裕が出てきて人に優しく出来ます。最近、人に恵まれている運もあって嫌われる気分がしません。

そういう意味合いからもお金は稼がなくちゃいけないなと。


そんで貯金は最低限意識しないとね。特に実家だしパーっと使いきってもね。やむを得ない事情がない限り、貯金出来ないのは精神的なデブとはかわんないし。


まぁ簡単に言うと、自分が満足出来る程度にお金と人にいま現在恵まれているということなわけだす。がんばってくだちい。

もう一つの話が最近コンドームが破けて破けて仕方がないんです。

自分はしょうもない会社のゴム製品つけてるのかなとか、付け方が違うのかとか考えたけど、私気づいちゃった。


Mサイズじゃ小さいんだと(笑)

いやよく考えたらこれは気づきにくいことなんだ。


他人の勃起って基本的にAV男優のしか見ないから、あれを基準に自分の採点をはじぬるから、自分がデカイなんて思わないんですよ。

そしていくら仲良くても友達のフル勃起を見ることなんかなくて、女の子の話を聞くしか比べられないんです(笑)


でも、女の子に大きいなんて言われたってはいはいそうやって調子にのらしてんでしょなんて思うしかないわけだ。


しかし違うんだ。
LサイズじゃなきゃダメなんだMサイズじゃ破けてしまうんだ(笑)

裏付けるものして実話なんだけど、口でしてもらってる時に女の子の顎を外してしまったくらいの息子さんなんだ(笑)

他にもエピソードあるんだけど、生々しいものが多いから遠慮しときます。


まぁこれからはLサイズを買いますって話です。

カウパーでも妊娠するから避妊はしっかりしましょうね。

じゃね。

| | コメント (0)

にこちゃんマーク

にこちゃんマーク
ちゃお。

ちゃりの修理を早く!


最近思うんです。

成功したいなら、まず質じゃない。
量だと。回数だと。

これは何にでも当てはまると思う。

もう一個付け加えるならハート。

いちいち結果に心が揺さぶられてたって意味がない。

結果が出ずに
悲しみたい気持ちやショックな気持ちは分かるけど、

時間の無駄。


いかに客観的に事実を捉え、因果関係を探ることの方が何百倍も大事。

この感覚は大学生の時にわかっておきたかった。

どちらかというと量より質で勝つ方が美しいと思ってたし。

だからサークルでもパットした実績がないんだろうなって思う。


真剣に量をこなすと無意識に自分で質を探しているし、捜し当ててしまう。


大きな事をなし得ている人っていうのは、もちろん才能もあるけど、自分にしかわからない独特の言い回しで物事を表現することが多い。


というのは、がむしゃらに量をこなすことで体得した感覚なんだと思う。その感覚で判断出来て文句言われないという特権をが頭一つ抜けてる人って周りにいわれてる人なんだ。

だいたい、ショックをうけて落ち込むなんて感覚的に畏れ多いと思わなくちゃいけない。 落ち込むなんてのは、それなりに実績や努力がないと。


例えばバイトもちゃんと勤まったことないのにエントリーシートで落ちて、すねることです。

そんな暇あるならがむしゃらに、実践の場に身を置き身体で感じて戦い方を練ること。

舞台にたったことないお調子者に漫才を語ることは全てが枕詞。傾聴に値しません。

営業も人となりめナンパも楽器の練習も全てが量。平均以上になったら質。出来る奴の隣にいって盗む。

量をこなせば、自分の実力以上の結果が出ることがある。それはいわゆる相性であったり、みんなが運命や縁なんて言葉で形容されるものだ。そこから吸収出来ることは山ほどある。自分がそれに好意を持てなくても他のものから評価されないなら、嫌ってないでそこで結果出せばいい。そしてから、転職でも新しい部署にいけばいい。結果出せば求められるんだから。活躍する場も相手もないくせに、寄り好みするなんて百年早いってことです。

そういう心意気や前向きな姿勢を、結果だしてる人は評価するんです。スキルを教えてくれるんです。伸ばしてあげたいって思うんです。

逆に腐ってる奴が大嫌いなんです。なぜなら時間の無駄だし、代わりは腐るほどいるからです。よく考えたら自分の思い通りにいかないくらいで、腐る奴と一緒に仕事なんてしたくないし遊びたくもないですよね。結果(恩恵)だすなら別だけど。


つまり、結果だすまでは、自分が出来ないと認める。いつか見返すために実績もないのに持ち合わしているプライドなんて一時的に捨てればいい。

認めるのは自分じゃない。他者なんだ。

自分で認めて満足するのは、自分だけの目標を達成した時だけだ。

☆☆

あー就活してるときの自分に言ってあげたい。


これだけでかいこといったし自分もがんばろ♪

| | コメント (0)

たまくささ

青臭いと聞いて、みなさんはどのような印象を持ちますでしょうか?


逆に青臭くないというのはそつがないとか、成熟しているとか、大人びたということかもしれません。


日本人のメンタリティはどちらかというと空気を読んで、周囲に波調を合わせるという発想が受け入れられやすいと思います。協調性の重視ですね。これはとても美しい価値観だと個人的には思います。


ですが、自身がどうしても譲れない価値観を押し付けられたり、あるいは自身が自信を持っている価値観を発表しようとするときにはこの日本人のメンタリティはマイナスに作用することが多いように思います。


そこには若干の青臭さは重要であって、稚拙でもいいので思い切って手を挙げることがまずは必要になります。

失敗するかもしれない、恥をかくかもしれませんが、逆にいえば失敗もしたことがない、恥もかいたことがないなんて奴はそれこそ取り返しのつかない失敗かもしれないってことを認識する必要があるかもしれません。青臭いんだったら、失敗したっていいじゃないかということです。

| | コメント (2)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »