« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の記事

こんな話①

あけおめでちゅ。
たかとちでちゅ。
今年の語尾はこれでいくでちゅ。

でももうやめまちゅ。

ブログをかけません。

理由は
twitterがAVの代わりででブログという本番に興味がなくなってしまっパターンです。
昨今の草食系男子現象みたいなもんです。

そして僕のブログの訪問者が毎日4人なんで、
4が並んで気持ち悪いんで一回書こうかと思いました。笑

ネタとしてはやはり、異性関係がいいんではないかと。笑



この前、僕がモテナイ男からこういわれました。


リア充は、女の子とチャラチャラして、次から次へと女の子をとっかえひっかえ。
リア充くたばれ! 
リア充についていく女どもも皆くたばれ! 
おれみたいなまじめな男がもてない世の中は本当におかしい!


彼はマッコリでひどく酔いながら言ってました。
普段は温厚な彼が僕に対してそのような印象を持っていたのは
正直驚きました。笑


そういう風に言われるのは、ある意味嬉しいんですけど。笑

僕が彼の言うように
リア充でちゃらいついているかは置いといても!!!

彼がいくらかっこよくても!!!

こんな発言している時点で
モテるわけないですよね。

僕が一年間、研究してきた中で

数あるモテない要素として

卑屈

っていうのは、相当ポイントが悪い。


そんで、まじめであれば
もてるって思っている
典型的な
もてない思考。

別にちゃらければもてるっいいたいわけじゃ
なくてね。

このふたつが
介在してるやつは
はっきりいって
論外ですね~ん。

じゃどうすればいいのかって
ことは書かないけど。笑

付き合いたければ
自分の非を認め
自分の価値観と
相手の性質といかに
ギャップがあるのかを
体で感じなきゃ
意味ありません。

別に
恋愛に限らず
営業でもそう。

ただ
はっきりいえるのは
自分はこんなに頑張っているのに
なんでわかってくんねーんだよ!!

とかいっちゃうやつは
ストレス以外の何者でもない。

もし僕がぁ言ってたら
激しく非難してください。

営業成績を上げるため
もてる男になるため

2010年を捧げた
自分にとって
これほど
愚かしい発言はないです。


他にもテクニックとか色々あるけど

結局、本質(もちろん自分はまだまだわかってない)
があってのオプションでしかない。

自分がもてないことを
文句言う前に
その発言を撤回出来るようでなければ
私は
合コンも誘わないし、
出会いのばにも
ましてや
飲み会にも
応じませんよ~!!

異性にもてたきゃ
まず
同姓に好かれないとお話にならん。


みたいな
ブログで一発目終了。

かんたんに言えば
自分が
正しいと思い込んでる価値観を
押しつけて
相手を
非難することが
精神安定剤の代わりに
なっているようじゃ
だめです。

僕はもてない思考でスタートしたから
どちらというと
理論的に詰めていったから
よくもてるやつがいうような

「適当に接してればいいんだよ。押せばいいんだよ。」

みたいな発言には賛同しません。
なんでそうすればいいのかって
わからない限りしなくていいです。

まー僕はわかったからするけど。
ちゃらくてきもいって
思ってる人
絶対に
いるけど


けっこう、戦略立てて
気に入ってもらえるように
接するのは
面白いですよ。

女のこは中身で判断してくれるから
特にね。

男は
露出してればとりあえず好きになるからつまんないでしょ。

努力にもついながるし。

それで相手を傷つけなきゃいいわけだし。
WINWINの関係ね。


じゃー今年もよろしう。

| | コメント (0)

ポジティブメモ

自分を認める。
私は~~出来て幸せです。って思う。
自分が喜びを感じるものを視覚化する。文字でも写真でも。
自分で責任をもつことが一番幸せ。
自分でかえれないものに不平不満いわない。
責任をとるということと自分を責めるということは違う。過去を悔やんでもかえられない。
ネガティブな先入観は、思い込みだけであって真実ではない。
思い込みが敵。ネガティブな考えや感情は沸くように人間は出来ている。
だから、そんな考えはすてればよい。

| | コメント (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »