« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月の記事

お願いですから、固いうんこで殴るのはよして下さい。

ありがとう2010年。

hitomiのLove2000が発売されてもう10年たったんですね。

hitomiは元気かなー。

いやー今年は楽しかったなー。

そして刺激的でした。

来年も頑張ろっ。

また素敵な人達と出会えますように。

よいお年を。

| | コメント (0)

ちんこ見せるから許して下さい。

ちんこ見せるから許して下さい。
タイトルは僕の今年の流行語大賞です。


自分が学生を卒業して少なからず世の中に出て世界が広がって最近思うんだけど、


あー
学生の時になぜあーしなかった!んだって思うこと。

この感覚って、自分が下向きな時に特にそうなんだけど、自分が頑張って培った能力や実績を否定したくなる。僕で言えばナショグル関係のことしかないんだけど。


ナショグルはやり切ったって思ってるし、否定の対象になるべきものではないんだけど、だがしかし、ナショグルでは全く養われなかった部分はあるわけで。

そこの部分で現在の自分に大きな不利益を被ると、マイナスに感じてしまうわけよ。

そして、ナショグルで俺が頑張ったからこそ培えたプラスな力なのに、後悔している時はナショグルなしでも得られたって考えてしまうのね。

簡単に言うとナショグルの楽しさや辛さを経験して乗り越えた力をナショグルという前提を無視して、今の自分がいると考えてしまうのよ。そんで今の自分に足りないと思うことがあると、自分の過去に否定的になってしまうの。

それは全くおかしな話なんだけどね。


じゃあ仮にナショグルが無くて今の自分を考えると、ほぼ今の自分はないわけでナショグルで得られた能力や経験がなくて、今の自分が足りないって思うエッセンスを得る活動を大学時代に没頭していればどうだったのかって考えると、結局自分はまた違う形で後悔していたと思う。むしろいま現在より大きな後悔として。


人間は大きな何かを得るときに犠牲は避けられないんだと思う。

周りからみたら、サークル創って仲良くしてただけだろと思うし別に否定もしないけど、当時の自分の能力からしたら全てが修行でチャレンジだった。あんなに自己中でオレオレの自分が全体を優先して我慢するなんてことはすごいこと!

あの時にそういうこと頑張ったから、自惚れな部分はあるだろうけど管理職の人の気持ちも分かるから今は前向きにサポートに回れる。


うまく輪に入れない人がいたら、自分が出来る範囲でだけど輪にいれてその人が話題の中心になっておいしくなるようにメーキングだってする。そのあと、俺がいなくても輪に入れるようにする。

なにもない真っ白なところから制度を確立して実績を出す。全員の満足度を上げるようにするにはどうするか。越権行為にならないように自分がやらないで、部長に動かせるか。


こんなことはナショグルがなきゃ考えなかったし行動にもうつせなかった。

そう考えると、他のただ遊んでた人達よりは貴重な体験させてもらっていて人間として成長したわけです。


その能力を元々あったものって考えてしまうから後悔するんだよね。お門違いですけど。


今は団体を離れてナショグルにないノリや考えで行動することが多くなってきたし、部員からしたら雰囲気が違ったり発言全てが捉えにくいだろう。

まー仕方ないと思うし反省する来もないんだけど(笑)

いつまでもサークルに固執するOBとかうざいって俺は思ってたし。嫌いになるんじゃくて、感覚的にズレることが卒業前から必要だと思ってたし。


ナショグルのノリは大学時代の俺をビジュアル化したものだと思う。だからナショグルを見て感覚的な違いを覚えたら、それが自分の変化なんだと思う。
それくらい注ぎ込んだものだし。

否定的な文調だけどそんなことはないです。

お笑いやってて良かった。
お笑いやった後悔を強いてあげるなら、考えすぎることが多い


ただ変な話だけど、また大学一年に戻れるとしたらナショグルはつくりたくありません(笑)

理由はわかりません。

ただナショグルで得られたことは大きいです。

今更だけど、特に男はお笑いはもちろん活動にも真摯になった方がいい。他の団体がどうとか知らないけど、経験した俺が今その能力で人間関係で軋轢を生まず評価されるべくところは評価されるから。


足りない部分は今から養えばいい。

そんな奴少ないと思うけど
ダラダラとナショグルにいるのは時間の無駄。お笑いというもの、団体というものををしっかりやればすごい人間性が上がる。あまり生意気なこと書けないけど年上なのにそんな発言するんだって思っちゃうし。


ただ逆に言えば、ナショグルにいるからダメな部分や困ることってあるんだ。

それはここに書かないけど、そこをどう受け止めるかは大学卒業してから考えればいい。全く文句ない人もそれでいあ。

誤解してほしくないのはナショグルを否定してるわけじゃない。卒業してみたら団体が養生する人間性ってのがあることに気づいて、それが故に困る日がくるかもしれない。ということ。

俺はここを曲げずに昔の性格に固執することがナショグルへの依存になると思ったから嫌な表現してみただけ。

部員はお笑いを狂ったようにして、みんなで仲良くしてればいいし、そこから得られることを大事にするべきだと思う。


自分が考えたことをかくつもりが、なんか問いかけるみたいになってしまった(笑)

どんな言い回しをしても批判っぽくなっちゃうのが嫌だけどね。


あえて平和的にいうなら

何の損得勘定もなしに感情的に気持ちだけで団体行動して満足出来るのって学生までだなって思う。利用されるし利用しようとも思うしお金で見返りを求める。個人間ですらある。


だから心の底からやりたいことをやれば良くて人の事を考えて行動すると相手がどんな奴かわかる。


だからナショグル頑張れ!


いい風に繋がったかな。


まー更新しなすぎて今、四人くらいしか見てないけど(笑)

あんまり結果だしてない俺が言ってもあれだけど、他大と競うことも大事だけど、勝負に買ったら周りが喜んでくれる人間性を作ってから競争するこそお笑いサークルの醍醐味だと思います。

古い考えかもしれないけど。笑

まーいいや。今からバイトしてクラブでナンパだからお笑いサークルとかわかんねー奴の意見だから流しといて。(笑)


んじゃショットで狂ってくるわわ!

| | コメント (2)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »